ひとこまの向こう側にて。

ひとこま絵日記を描いているアシダのブログ

爪痕を残すのは至難の技

82%実話のお仕事マンガ 爪痕を残すのは至難の技1

82%実話のお仕事マンガ 爪痕を残すのは至難の技2

82%実話のお仕事マンガ 爪痕を残すのは至難の技3

82%実話のお仕事マンガ 爪痕を残すのは至難の技4

みなさんこんにちは、MacBook Proを買ってから嬉しくて家でひたすら触りまくっているアシダです。
嬉しさが溢れまくっているせいか、いつもは4コマが限界なんですが今回は一気に4ページ描けました!

今回のマンガは、宣伝会議さんが発行されているアドバタイムズで、私が勤めている会社の広告枠にイラストを描いた時のお話です。

何が言いたいのかよく分からん、なんやこの会社!
って思ってもらえたらOKでしょという、師匠の吉高氏(※偽名)の発案から、私が描いているひとこま漫画のキャラクターを起用していただきました。

最初は、「アドタイ」に、私のアシダの名前を重ねて「アシタイ」というタイトルで提案してみたんですが、宣伝会議の担当さんに「さすがにコレはまずいです」とメールで突き返されてしまい、残念ながら初稿はお蔵入りになってしまったというストーリーです。

クリエイティブ業界に爪痕を残すことはできませんでしたが、構図やセリフを考えるのがとても楽しかったです。

先日発行された新聞が宣伝会議さんから会社に送られてきたんですが、わりと真面目な内容の紙面に私のイラストが乱入していて、それがなんだか恐縮です。

↓それがこちら。

発行されたアドタイ

発行されたアドタイ

ちなみに、
「未ポンシブ」‥WEBサイトでレスポンシブ対応がまだできていない状態のこと
とあるのですが、業界的に使われている用語ではなく、私が勝手に社内で言っているだけです。

それにしても、新聞という信頼性の高いメディアに自分のイラストが載るって、やっぱり純粋に嬉しいですね!
機会があれば、第2段も挑戦してみたいです!

関連記事