ひとこまの向こう側にて。

ひとこま絵日記を描いているアシダのブログ

大晦日に久石譲さんのコンサートへ行ってきました!

皆様あけましておめでとうございます!
お正月の昼下がり、歩道に入れ歯が落ちてるのを発見したけど、わざわざ拾って交番に届ける気が起こらなかったアシダです。

それはさておき、みなさんは今年の年末年始はどのようにお過ごしだったでしょうか〜??
私は大晦日に、大阪フェスティバルホールで開催された久石譲さんのジルベスターコンサートに行って来ました。

フェスティバルホール

チケットを応募する時「なんだか1枚の方が当たる気がする」と直感が働いたので、あえて1枚だけ応募したところ見事当選し、更には奇跡の最前列となりました!
指揮・ピアノは久石譲さん、そして関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏です!!

最前列なのはチケット販売会社の策略か?!

最前列と浮かれていましたが、いざ席に座ってみるとステージが近すぎて奥の演奏が見えないパターン。これには少しガッカリ。そしてその気持ちを誰にもシェアできないのが更に残念ときたもんです。

隣に座っていた50代くらいの男性もどうやら1人で来ていたようで、その隣の席も、そのまた隣の人もみんな1人…。
なるほど、1名で当選した人は恐らくこの最前列に埋められていくに違いない。そんなチケット販売業者の裏事情を垣間見た気がしました。

とは言え、今日は大晦日。
もし途中で紅白歌合戦のテレビ中継と繋がったとしたら(無いけど)、絶対に譲さんの後ろに私が映り込むにちがいない。その時は、1人で来ていることを躊躇わずにカメラに向かって手を振ろう!と、それだけは心に決めました。

フェスティバルホール

譲さんがステージ袖から出て来た時のオーラのスゴさは、もう言うまでもありません。譲さんの革靴がスポットライトでやたらピカッと光っていたのが印象的でした。

「この人がジブリ音楽を作ってきた譲さんなのか!」

と感動でもう胸がいっぱい。

ジョウさーん!

ジョウさーん!!!

きゃー!!!!!!

ジョウさーっっっん!!!!!!!!!!

と、心の底からラブコールを送っていました。

就活時代の記憶が掘り起こされた「View of Silence」

演奏された中で私が一番印象深かったのが「View of Silence」という曲で、フィギュアスケートの羽生結弦選手がフリー演技で使われていた曲です。

そしてこの曲は、2015年1月くらいに私が就活をしていた頃によくYouTubeで流して聴いていた曲でもあります。

当初の私は転職願望の塊みたいな野郎で、いろいろと必死だったんですよね。

ステージが近いせいか、左と右、両方向から音が迫ってくるような迫力。当時の苦労した記憶も掘り起こされてなんだか胸が張りつめてきて、演奏が終わった頃には少し涙ぐんでしまうほどでした。

隣の50代男性はというと、メガネを取って涙を拭うほどの号泣です。きっと、この男性にも色々思い起こすことがあったに違いない。譲さんの音楽を聴くと、自分が孤独だった時期を少しだけ思い出してしまって、なんだか切ない気持ちになってしまうんですよね。

うん、わかります、すっごくわかりますよ。

数学を勉強してお腹を壊していた頃から15年

後半はジブリ映画「もののけ姫」の挿入曲がいくつか演奏され、タタリ神の襲来やコダマ達が出てくるシーン、サンとアシタカが2人で話しているシーンが目に浮かびました。

中学生の頃はジブリのサントラCDをレンタルし、MDにダビングして聴いてる時代でした。もののけ姫や魔女の宅急便、千と千尋を聴きながら受験勉強をしていた中学3年生の頃です。

数学を勉強すると結構な確率でお腹をくだしていた15歳の私が、まさか15年後に譲さんのコンサートに来て生演奏を聴いてるだなんて。

あ〜、当時の私に教えてあげたい。

あと倍生きれば数学を勉強するというストレスからも解放され、譲さんの生演奏が聴けるようになるんだよ、

だから今はなんとかガンバレ!

と。

2016年の良い締めくくりに!

譲さん、関フィルの皆様、2016年の最後に感動をありがとうございました!

今年の大晦日もジルベスターコンサートやってほしいですね!
皆様も一年の締めくくりにぜひ行かれてみてはいかがでしょうか〜。

ちなみに、もしも1名で応募した場合は、当選したら最前列になる確率が高いです!譲さんが鼻をすする音さえも拾える席なのでいろんな意味で満足できますよ!

大晦日の夜に一人で久石譲のコーンサートに出かけるなんて、ややクレイジーかもしれませんが、間違いなく生涯忘れられない大晦日の過ごし方になると思います!

それでは皆様、素敵な1年をお過ごしくださいませ〜★

フェスティバルホール フェスティバルホール

久石譲ジルベスターコンサート2016 演奏曲目

  • TRI-AD for Large Orchestra
  • アジア組曲
  • Two of Us
  • View of Silence
  • Asian Dream Song
  • Symphonic Suite PRINCESS MONONOKE (「もののけ姫」より)


  • 関連記事