ひとこまの向こう側にて。

ひとこま絵日記を描いているアシダのブログ

自分メディアを持つ!それが、劣等感の闇から抜け出す突破口!

自分メディア こんにちは。
最近、オールナイトニッポン・サタデースペシャルにハマっているアシダです。

さてさて、家ではもっぱらラジオを聴いておりCMやドラマの話題にうとい私ですが、これでもWebの仕事をしています。

そして、2015年4月に現在のWeb制作会社で働き始めたのですが、まだまだ知らない事が多いと痛感する毎日です。

というか、今の職場は仕事ができる人がホント多い。なんでそんなにできはるんですか!っていうくらい、みんな仕事のスキルが高い。

この年齢にしてこのスキルしかない私って本当にヤバいんじゃないか?!と、劣等感で押しつぶされそうな時期もありましたね〜。

危機感って原動力

仕事ができる人がたくさんいる会社で働けることは幸せです。意識が高い人達と仕事をするのは本当に楽しい。
ただ、周囲のレベルが高すぎて劣等感を感じるのも事実。

もうすぐ30代の幕が上がるというのに、それまでにもっと成長しておきたいな〜って、毎日毎日考えてました。

自分メディアを持つことが、闇から抜け出す突破口!

こうして、このまま30代を迎えることに不安を抱いてしまった私は危機感を覚え、なんだか巨大な闇に包まれた気分になりました。

もっと成長したいけど、職場で任される仕事だけでは、きっと足りない。

まずは、プライベートの時間で自分のポートフォリオサイトをリニューアルして、少しでも制作スキルを上げることから始めてみよう。
自分が思うようなサイトに仕上げるには、デザインだけではなくWordpressやjsの知識も必要。短期間でできるもんじゃないけど、それでもこのサイトを作ることが、今の自分が闇から抜け出す突破口となると信じていました。

必ずこの経験が自分を成長させてくれて、劣等感なんてムッシングできるくらい、その先には新しい世界が広がっているんだと。

てことで、ここ2ヶ月くらいの間、仕事が終わって帰宅した後や土日は、ほぼこの制作時間に力を注いでました。

完成へ近づくごとに、不安も無くなっていった

このリニューアル準備を始めてから当初抱えていた劣等感や不安が徐々に薄れていきました。
WordPressをカスタマイズできたり、jsがうまく動いてくれた瞬間は、テンション上がって心の中はヒャッホ〜イてかんじです。あの瞬間、自分の中でアドレナリンが出るんが分かります。

そして完成したのがこのサイト「ASHIM FACTORY

結局のところ、制作スキルを上げられて、且つ自分にしかできないコンテンツを発信できれば、それで悩みの70%くらいは解消されるんじゃないかと思えてきたんです。

それで、少しずつ成功体験を積むことで、だんだん自信もついてくる。

いや、自信じゃないな〜、自信というよりも、何か新しいことを始める時の勇気というか、勢いみたいなものが付いてくる。

このサイトで文章を書いたり、作品をアップしたり、jsの訓練をしたりして少しずつスキルを上げていこうと思ってます。
1年後はこのサイトがどうなっているか、自分がどんな風に変化しているか、想像するとニヤニヤが止まりません。

関連記事